おせち料理の歴史と文化

おせち料理は漢字では御節料理と書きます。

御節料理とは節会や節句に作られる料理の事で、節日の中でも最も重要なのが正月である事から正月料理を指すようになりました。おせちとも言います。おせちは御節共(おせちく、おせつく)や節会(せちえ)の略でもあります。

御節の歴史は、奈良時代に朝廷内で節会として行われていた中国から伝わった五節供の行事に由来します。この朝廷の五節会の義に習ってやがて一般庶民が行うようになりました。江戸時代になると御節料理の基本が出来上がります。構成は、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ、酢の物、焼き物です。

地方によって構成が違い、三つ肴の内容は関東では黒豆、数の子、ごまめ(田作り)、関西では黒豆、数の子、たたきごぼうの三種です。調理法は火を通したり酢に漬けて味を濃くして日持ちがするようにしてあります。

これは当時、正月の火は聖なるものとされており、歳神を迎えて共に食べる為の雑煮を作る他は、正月は火を使う煮炊きを避けるべきという風習からなっています。また、女性を家事から解放するためと言う説もあります。

それまでは善に盛られていた御節料理を明治時代以降、重箱に詰めるようになりました。そして現在では重箱に詰めた正月料理をおせちと呼ぶようになりました。食品の保存技術が進んだ現代では家庭で作るほか、スーパーやデパート、料亭、インターネットなどでも多種多彩の料理を詰めた御節料理が販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です