おせちはなぜ重箱につめるのか

おせちはお正月に食べるお祝いの料理として知られていますが、なぜおせちを重箱に詰めるのでしょうか。

おせちは「めでたいことを重ねる」という願いを込めて重箱に詰められており、基本的に重箱は上から「一の重・二の重・三の重・与の重」の四段重ねになっています。四つ目を「四の重」と呼ばないのは四という言い方が「死」を連想させ、縁起が悪いと言われているからです。

おせち料理の詰め方は各地域や家庭、しきたりなどによって異なります。おせちの代表的な詰め方は、一の重は「数の子、黒豆、ごまめ(田作り)などの祝い肴(ざかな)を詰め、二の重は「きんとんやだて巻きなどの甘い物」を中心にして詰め、三の重は「海老や魚の焼き物など海の幸」を詰め、与の重は「野菜類で作られた煮物などの山の幸」を詰めます。

詰められている料理にも意味があり、黒豆は一年中まめ(まじめ)に働き、まめ(健康的)に暮らせるように、数の子は子孫繁栄(沢山の卵を持っているため)、田作りは五穀豊穣の願いが込められており、海老は「腰が曲がるまで丈夫に」という長寿の願いがある他に海老の赤色が魔よけの色であるとも言われいます。

昆布巻きは「よろこぶ」という語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材として知られており、きんとん(金団)は財産や富を得る縁起物と言われ、紅白なますは、紅白のおめでたい色は水引を表しているとされ、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です