おせちの意味と由来とは

現在、おせちと言えばお正月の料理を指すものと考えがちですが、元々は奈良時代に中国から伝わった五節句にちなんだもので、各季節の節目に五穀豊穣や無病息災を祈る行事を指していました。

この日に宮中で催された「節会(せちえ)」に供された料理を「御節句(おせちく、またはおせつく)」と呼びました。宮中行事であった五節句が江戸時代に庶民の生活にも浸透して、一年の節目であり最も重要な節句であるお正月に食べる料理を、特に「おせち料理」と呼ぶようになりました。

おせち料理にはそれぞれ特別な意味が込められており、重箱に詰めて重ねるのはおめでたい事が重なるようにとの願いが表されています。地域や家庭によっても異なりますが四段重が正式とされます。

一の重は「祝い肴」でお酒の肴になるようなものとして、子孫繁栄を願う数の子、五穀豊穣を願う田作りや五万米(ごまめ)、マメで元気に働けるようにと黒豆が並びます。二の重は「口取り」と言って甘いものや酢の物も交えて、めでたい紅白のかまぼこ、巻き物を連想させる形から知識が増えるようにと伊達巻、喜ぶに通じるえんぎものとして昆布巻き、黄金色の財宝を連想する栗きんとん、見通しの良いレンコン、紅白なます、共に腰が曲がるまでの願いをこめてエビなどが続きます。

三の重は焼き物中心で海の幸で、鰤や鯛のようなめでたい魚、四の重は山の幸で縁起もの野菜の煮物となります。四は「し」に繋がるのを嫌って与の重と呼ばれます。さらに五の重は年神様から授かった福を入れるところとして空にして置く場合も、それぞれの家庭で好みの物を入れる場合もあります。

各段の詰め方にも諸説あります。日本の文化では奇数が吉数となるので、奇数の種類を詰めていくのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です